*

1974年4月

公開日: : 最終更新日:2018/04/07 ブログ

前年3月、父の急病の為、ひと月足らずのプロレス生活に一応の終止符を打ったが、どうにもあきらめきれない。父は1週間ほどで退院し製鉄所の仕事場に復帰。私もプロレス界に復帰したかった。結局父を説得するのに3ヶ月かかった。その間私はアルバイトもせずに親のすねをかじりながら製鉄病院にあるボディービルジムで従兄とウェートトレーニングに励んだ。19歳の私は様々の誘惑に負けて遊びにも励んだ。従兄は私より4歳上の会社員、私はプータロー(笑)。従兄に誘われて当時黒崎や小倉の盛り場でよく飲んだもんだ。十代の若造なのに何人かの女性とも付き合った。だがプロレスに対する情熱は落ちない。やっとこさ父を説得し晴れて両親の承諾を得たんだから勇躍上京して全日本プロレス復帰…とはいかない。自己流のトレーニングはやってはいたが散々遊んでいるんだから身体はなまっている。その年の夏、私は再び茅ヶ崎に戻った。以前住んでいたアパートの部屋が幸運にも空いていた。大家さんは顔見知り。何かと融通がきく(笑)。茅ヶ崎駅前のデパートの臨時社員として
働き始めた。いくら厚かましき我が性格なれど、ああいった辞めかたをした身として、さすがにすぐに全日本復帰は望むべきものじゃないとわかっていた。いい加減両親のすねをかじる訳にはいかない。自分の生活費を稼ぎながら身体を再入門までに鍛え直すことにした。計画上翌年の春先をめどにした。だけど今こうして考えて見るにかなりの楽天家。こっちが勝手に計画しているだけで全日本側から門前払いの可能性が大いにあったんだから。やはり若さだったんだろうか、その時はそんなことは考えもしなかった。秋になって、あの鶴田さんがアメリカ修行から凱旋帰国した。短髪のスポーツ刈りから長髪になり、スター性を帯びての帰国だった。「俺がアメリカから戻って来るまでちゃんといるんだろうな?」「もちろんです!」。春の約束を果たさないでいた自分。鶴田さんの凱旋帰国試合の大舞台は超満員の蔵前国技館でのインタータッグ戦。パートナーは馬場さん。相手はファンクス。小型の白黒テレビにかじりついて観る。鶴田さんは眩しかった〓ジャイアント馬場の次の時代を担う
のは鶴田しかいない。ファン、マスコミの期待に果たして答えることができるのか?鶴田さんは見事に答えた。1対1の時間切れ引き分け。テリーを原爆固めに決めた先取点で鶴田さんは一躍馬場さんに次ぐスターレスラーとなった。自分の気持ちは確固たるものとなり、アルバイトしながらの自主トレに一層気合いが入った。朝、西浜海岸でよくダッシュをした。スクワット500回と腕立て300回が日課の日々。そして、1974年4月8日、スーツにネクタイ姿で勝手知ったる六本木事務所に向かった。私は二十歳になっていた。

関連記事

今夜はイブ

さてクリスマスイブ。あちこちで美しく輝いていたイルミネーションも明日までだろうか?それとも今年いっぱ

記事を読む

冷やし中華

こう毎日暑いとねぇ。冷やし中華そばにハマっている。それもコンビニでの買い出しの冷やし中華そば。ごまだ

記事を読む

自治会会合

我が地元にもしっかりした自治会がある。先日初めてその会合に参加して改めて我々が住んでるこの街(村?)

記事を読む

本日は横浜

横浜大会。いつも通り湘南新宿ラインのグリーン車両で向かう。夏休みが終わっても結構混んでいる。通路挟ん

記事を読む

朝刊

毎朝、新聞に目を通す。代々木在中時になかったことだ。現在、夕刊は取ってなく朝刊のみだが、結構目を通す

記事を読む

師走もやはり

東京への行き帰りが多い。定期券買った方がいいか?(笑)電車代もバカになんない(笑)。まぁ仕方ないけど

記事を読む

やはりプエルトリコにて

ドリーファンクジュニアと。たまに特別参戦で短期間プエルトリコに来ていた。当時ドリーはアメリカマット界

記事を読む

バスでの長旅。

本日は3連戦の後の休日。だが愛媛から浜松までのバスでの長旅。朝10時の出発。只今移動中。たぶん浜松着

記事を読む

弥生の月

3月となった。春である。今年平成27年も早2ヶ月過ぎた。61歳の我もなんとか生き抜き日々旨い酒を呑ん

記事を読む

新幹線で名古屋へ

今夜は名古屋、明日は大阪で試合。帰京も新幹線の予定。

記事を読む

Comment

  1. より:

    渕選手へ
    再入門までのお話、拝見しました。ご両親を説得出来た事や自主練習など、大きな夢に至る道程は複雑だった事と存じます。いよいよ再度入門の為に事務所へ向かわれて…勝手ながら緊張して来ました。是非また続きのお話を綴って頂きます様、よろしくお願い致します。天候が変わり雨模様に成りそうです。どうぞお疲れになどなりません様、ご自愛くださいませ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

幸せの定義

人それぞれだろうが、夢が実現した時、或いは夢に向かって突き進んでいる時

サンマルチノ死去

82歳だったんだね。馬場さんとは同期の親友と言ってもよかろう。馬場さん

ラストマッチ男

ただ今全日本プロレスではチャンピオンカーニバル真っ最中。連日ハードな戦

幸せ昭和食堂

5月17日と31日、それぞれ午後11時半から30分BSTBSで放送され

1974年入門

受け身の後遺症か身体のそこらじゅうが痛くダメージ回復せぬままシリーズ参

→もっと見る

PAGE TOP ↑