*

令和の御代になっても

公開日: : 最終更新日:2019/05/02 ブログ

御代、みよと読む。ガラケーの携帯で検索しても出てこない!(笑)本日から令和の時代なんだね。この時代も生き抜いて行くか!私のブログはどちらかというと過去の想い出話が多く、特に昭和時代だよな。だけど我が人生の変革の多さとしては平成時代なんだがね。変革と言っても私自身は変わったつもりはないんだが、周りがね。大きな変革と言ったらやはり2度に渡る全日本プロレス離脱者事件だなぁ。平成2年と平成12年のこと。最初はまだ馬場さんが健在だった時期。SWSに天龍さん初め随分所属レスラーが流れた。10年後の事件は馬場さんが亡くなった翌年。鶴田さんが亡くなった年。この時は、さすがに全日本もいよいよおしまいかと思った。何しろ川田と私しか残ってなかったんだから(笑)。京平ちゃんも木原も居たんだけどね。レスラーは2人(笑)。年齢的に46歳だし、そろそろ引退の時期だなと本気で考え、両親に報告したよ。2人とも喜んでいた(笑)。とにかく昔からめんどくさいことが嫌で離脱なんて頭になかった。馬場さんがいなくとも全日本一筋ってのもまたいい
んじゃないかと。46歳で考えていた。馬場さんも鶴田さんもいない全日本がそう長く存在する筈もないだろうってね。それならそれで最後まで残ってやろうじゃないか!ところが運命流転。離れた者も残った者も人それぞれ。いろいろあったろうが、全日本は今だプロレス団体として令和の御代までこうして存在している。若いレスラーも着実に成長している。46歳の引退を考えていた私は65歳になり、試合数は確実に減っているんだが、この年齢でまだ現役。それでもって令和時代を生き抜いてやる〓なんて言ってるんだからなぁ(笑)。

関連記事

ジャンボ鶴田さんの話

鶴田さんが亡くなってもう16年過ぎたんだなぁ…。鶴田さんは私より3歳年上。私がアメリカ修行するまでの

記事を読む

新幹線にて帰京

シリーズ終了。肩痛が酷い中新幹線で帰京している。腰痛もある。シリーズ終了時にはいつも年齢を感じてしま

記事を読む

この世で絶対のもの

それは人はいずれ死ぬということだ。どんな天才、英雄、権力者も例外ではない。エリザベス女王死去。96歳

記事を読む

ダニーホッジ

昭和49年7月サマーアクションシリーズにホッジはマスカラスと共に来日した。そのシリーズの途中、マシオ

記事を読む

週プロ表紙

今日発売の週刊プロレス誌の表紙は私らしい。足掛け42年のプロレス人生の中で単独表紙は初めてのこと〓有

記事を読む

阿修羅原死去

昨日新聞社より連絡入った。68歳だった。もう25年以上会っていなかった。最近の若いプロレスファンの人

記事を読む

月末の週始め

私は月曜を週始めと考えている。王道トーナメントは秋山が優勝したね。またしても我が予想はハズレた(笑)

記事を読む

やっと出発〓

1時間以上遅れて古河駅を出発。車内での1時間は長い!これが4時間5時間の時もあるんだよね。ニュース映

記事を読む

10月神無月

旧暦で云えば晩秋か、いや初冬だな。しかし、残暑というか、まだまだ暑い!まだ半袖だよ。先日、打田さんと

記事を読む

本が出版

徳間書店さんから我が本が出版される。ありがたいことだ❗️2月末には販売す

記事を読む

Comment

  1. より:

    渕選手へ
    ブログ拝見しました。新しい元号を迎える事が出来ました。これからも何卒よろしくお願い致します。仰る通り、私も平成は変化の時代でした。プロレス観戦出来る様になったのは、週間プロレスとこのブログに出会えたおかげです。本当に感謝しております。どうもありがとうございます。新時代の試合観戦を楽しみにしております。これからも応援させて頂きたく存じます。今月からは熱中症にもご注意願います。どうぞお疲れになどなりません様、ご自愛くださいませ。

  2. ルター レンジ より:

    昭和歌謡、昭和プロレス、という言葉は定着しましたが、
    平成歌謡、平成プロレスは?
    歌は世につれ、世は歌につれ
    プロレスとともに時代を語る
    そんな時代が続いてほしいものです

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

如月となったが

今年も1ヶ月過ぎたね。と言ってもこの1ヶ月大変であった。1月18日、い

美女

日帰りで東京へ。私としては珍しい。日帰りだからね。実は再び白内障かと。

この世に絶対とは?

かの作家池波正太郎先生が仰ってる通り人はいずれ死を迎えるってこと。それ

2時3分

正確には1954年1月14日の14時3分に私はこの世に生を受けた。生を

最終日

なかなか雨が降らずお湿りのない日々が続いているねぇ。本日1月13日は我

→もっと見る

  • 2023年2月
    « 1月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728  
PAGE TOP ↑