*

令和の御代になっても

公開日: : 最終更新日:2019/05/02 ブログ

御代、みよと読む。ガラケーの携帯で検索しても出てこない!(笑)本日から令和の時代なんだね。この時代も生き抜いて行くか!私のブログはどちらかというと過去の想い出話が多く、特に昭和時代だよな。だけど我が人生の変革の多さとしては平成時代なんだがね。変革と言っても私自身は変わったつもりはないんだが、周りがね。大きな変革と言ったらやはり2度に渡る全日本プロレス離脱者事件だなぁ。平成2年と平成12年のこと。最初はまだ馬場さんが健在だった時期。SWSに天龍さん初め随分所属レスラーが流れた。10年後の事件は馬場さんが亡くなった翌年。鶴田さんが亡くなった年。この時は、さすがに全日本もいよいよおしまいかと思った。何しろ川田と私しか残ってなかったんだから(笑)。京平ちゃんも木原も居たんだけどね。レスラーは2人(笑)。年齢的に46歳だし、そろそろ引退の時期だなと本気で考え、両親に報告したよ。2人とも喜んでいた(笑)。とにかく昔からめんどくさいことが嫌で離脱なんて頭になかった。馬場さんがいなくとも全日本一筋ってのもまたいい
んじゃないかと。46歳で考えていた。馬場さんも鶴田さんもいない全日本がそう長く存在する筈もないだろうってね。それならそれで最後まで残ってやろうじゃないか!ところが運命流転。離れた者も残った者も人それぞれ。いろいろあったろうが、全日本は今だプロレス団体として令和の御代までこうして存在している。若いレスラーも着実に成長している。46歳の引退を考えていた私は65歳になり、試合数は確実に減っているんだが、この年齢でまだ現役。それでもって令和時代を生き抜いてやる〓なんて言ってるんだからなぁ(笑)。

関連記事

防衛成らずとも新記録達成

帯広市でのアジアタッグ戦は挑戦者チーム青木佐藤組に完敗。2度目の防衛に失敗した。札幌で佐藤とのシング

記事を読む

猛暑日続く

連日猛暑日に熱帯夜。皆さん体調管理大丈夫ですか?梅雨明け宣言はまだかな?こんな日々はやっぱり水分補給

記事を読む

部屋呑み

全日本の連中は今は北海道遠征中。この時期の北海道はまたいいんだよなぁ。去年もその前も行ったんだが今年

記事を読む

番組続編

「幸せ昭和食堂」の続編が決定。8月8日と15日(水)夜11時半BSTBSで放映される。続編決定までこ

記事を読む

本日も電車で

横浜大会に向かう。湿気の多い蒸し暑い昼である。今日終わればまた1週間の休み。26日27日は埼玉、長岡

記事を読む

甘えん坊オジサン再び

先日20年以上お付き合いさせてもらってる猪瀬さんにまたまた世話になった。その猪瀬さんの知り合いの方々

記事を読む

12月6日大阪大会

我がプロレス人生40周年記念ファイナル。全日本プロレス同期の大仁田厚とタッグを組むこととなった。相手

記事を読む

9月になって

幾分陽が短くなった。秋の夜長、長雨の時期?仲秋の名月にはまだ早いか。若き頃が青春なら初老の今は赤秋か

記事を読む

前橋で試合

新宿から湘南新宿ライン、上越新幹線乗り継いで前橋に向かう。そんなに長旅ではないがバッグひとつの一人旅

記事を読む

この世で確実なもの

それは誰でも死を迎えるってことであろう。人だけでなくあらゆる生物は皆最後には死んでしまう。これだけは

記事を読む

Comment

  1. より:

    渕選手へ
    ブログ拝見しました。新しい元号を迎える事が出来ました。これからも何卒よろしくお願い致します。仰る通り、私も平成は変化の時代でした。プロレス観戦出来る様になったのは、週間プロレスとこのブログに出会えたおかげです。本当に感謝しております。どうもありがとうございます。新時代の試合観戦を楽しみにしております。これからも応援させて頂きたく存じます。今月からは熱中症にもご注意願います。どうぞお疲れになどなりません様、ご自愛くださいませ。

  2. ルター レンジ より:

    昭和歌謡、昭和プロレス、という言葉は定着しましたが、
    平成歌謡、平成プロレスは?
    歌は世につれ、世は歌につれ
    プロレスとともに時代を語る
    そんな時代が続いてほしいものです

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この期に及んで

突然の腰痛!歩けないほどではない。痛痺れというか、腰から両足にかけて。

20日試合

試合4日前だが、体調は悪くない。特別良くもないけど、まぁ普通かなぁ。普

上野からの帰宅

夜電車で帰宅中。上野から。グリーン車両ほぼ満席。いつも通り、いい気分の

夏日だ!

ここ2、3日暑いこと!夏日だ!八十八夜が過ぎたんだからもう夏なんだがね

我が青春の70年代

70年代初頭から私はプロレスラーになりたい気持ちが強かった。1971年

→もっと見る

PAGE TOP ↑