*

我が青春の70年代

公開日: : ブログ

70年代初頭から私はプロレスラーになりたい気持ちが強かった。1971年、高校3年の私は遅ればせながらアマレスを始めた。レスリングが好きだったこともあり、なんと1ヶ月足らずで県大会優勝。夏のインター杯、秋の国体にも出場。さすがに全国では優勝は無理。和歌山国体の時、一般の部で優勝した鶴田さんを見た。むろん話など出来ない。遠くで見つめていただけ。圧倒的強さで優勝してたな。翌年、オリンピック出場したんだよね。72年、私は一応大学に入学したんだが、夏に家出同然で北九州を後にする。ジャイアント馬場の日本プロレスからの独立に居ても立ってもいられなかった。まだ18歳だった。ジャイアント馬場は子供時分から私のナンバー1ヒーロー。そのヒーローが新たにプロレス団体を興す。私は勝手に退学届けを出して東京に向かった。72年の夏、まだ全日本プロレスは創立前。産声をあげるのは9月になってから。私は茅ヶ崎市でアパートを借り、デパートの店員として働いた。殆んど毎朝早起きして茅ヶ崎海岸を走った。デパートで働きながら身体鍛え
た。その年の10月、あの鶴田さんが全日本入団。スポーツ新聞で知り驚く。生意気にも「負けてたまるか!」の気持ちを持った(笑)。私の入門は73年3月。すぐには入門しなかった。18歳、19歳…。青春まっただ中〓人並みに恋をしていた(笑)。ともかく、73年3月、練習生として入門。緊張しまくって馬場さんに挨拶。当時一番の新人は鶴田さん。その後輩としての入門。目白の合宿所でいろいろ話す。鶴田さんはすぐに渡米。私は練習生として地方巡業に連れて行ってもらったが、父の急病の為、北九州に戻ることとなる。再入門は1年後の4月。父を説得してでの再入門だった。本格的な我がプロレス人生がそこから始まる。鶴田さんはすでにデストロイヤーと並んで馬場さんに次ぐ大スター。テレビ中継は夜8時のゴールデンタイム放送であった。

関連記事

弥生月

晴天の中3月となったが、まだまだ寒い!風邪それから花粉症に要注意だ。閏年如月2月の最終日の昨日は一歩

記事を読む

飛躍的女性の活躍

なんにしても、女性の活躍が目立つ。リオオリンピックでも大活躍だったよね。政界に於いても小池都知事に稲

記事を読む

途中挫折

寒い中でも久々にウォーキングをやろうと思い立ち外に出た。いい天気だしね。あちこちに雪が残っている。少

記事を読む

浅草散歩

愉しいなぁ〓(笑)よく歩く。その分ビールが旨い〓小鉄メンバーの悦ちゃん、町山さんと浅草散歩。と云うか

記事を読む

誕生会

昨夜は我が65歳の誕生会が六本木で行われた。今年も湯川さんが主催してくれた。諏訪間、青木、石川、そし

記事を読む

…中毒

変な話、中毒までとは言わないが、どうにもやめれないものってあるよね?ないかな(笑)。私は朝イチにテレ

記事を読む

花見シーズン終了

この雨で本格的に花見は終わりだね。今年も桜を見て酒を呑んだシーズンが終了したんだよなぁ…。後何年満開

記事を読む

オフのスケジュールが…

飲み会でドンドン埋まっている(笑)。喜ばしいことであるが体調管理は大丈夫かい?(笑)昼はコンビニ買い

記事を読む

還暦最終日

明日14日の誕生日で61歳となる。この年まで現役プロレスラーとしてやれるのは丈夫に生んでくれた両親に

記事を読む

ホッとしている

馬場さんの追悼大会が盛大に終わり、ホッとしている。随分様々なレスラーが出場したもんだ(笑)。とにかく

記事を読む

Comment

  1. より:

    渕選手へ
    プロレスラーへの道のり、拝見しました。レスリングとの相性が良かったのですね。国体出場なんて素晴らしい事です。夢に向かって行動開始されて…是非、続きのお話を綴って頂きます様、お願い致します。まだ気候が安定しておりません。どうぞお疲れになどなりません様、ご自愛くださいませ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

タフでなければ!

プロレスラーとは先ずはタフでなければならない。リング上のファイトはむろ

三条へ

大宮駅から新幹線で向かう。久々の新幹線。3連休初日、新幹線待ち合わせ室

東京より帰宅中

誠に有意義な東京での休日連夜であった(笑)。9日は打田さん猪瀬さん寺崎

東京へ

台風の影響でダイヤが乱れている。都会の繁栄、流通なんて自然の脅威の前じ

映画少年でもあった

プロレスだけじゃなくてね。映画好きの母の影響かな。最初に観た映画の記憶

→もっと見る

PAGE TOP ↑