*

馬場さんの銅像を

公開日: : ブログ

生まれ故郷の新潟県三条市に馬場さんの銅像を作って欲しいと以前から思っていた。5年前だったか三条市の名誉市民になられたんだが、やはり銅像も〓との思いもある。場所は…、出身校の三条実業高校のグランドでもいいし市役所宿舎前でも、或いは皆が佇む公園でも。出来たら2メートル9センチの実寸大の銅像がいい。全盛期の活躍では当時、野球のON、相撲の大鵬柏戸と並んで高度成長期の日本に活力と夢を与えた。まさにジャイアント馬場は日本のヒーローの一人であったことに間違いはない。昭和40年代のプロレスに対する熱狂度ははっきり言って今では考えられない。何度も言ってることだが、毎週金曜日夜8時のゴールデンタイムだよ。それで常に視聴率は30%以上〓まぁ時代だったといえばそれまでだがね(笑)。スマホ、コンビニのない時代だからな(笑)。今のように情報過多でない時代だったので、尚更ヒーローのステータスが高かったのかな?映画スター、歌手、そしてスポーツ選手。本当今では考えられないほどヒーローは輝いていた。とにかくヒーローに対する熱狂
度が凄かった〓今の若い人にはわからないだろうなぁ。その頃、馬場さんの名前を知らない人なんてまずいない。誰もが知ってた。1960年代、人気スポーツといえば野球、相撲、プロレスだったんだよ。たしかに古き良き時代だね。もう半世紀前となるんだから、遠い昔としてだんだん忘れられて行くんだろうがね…。高度成長期を支えた団塊世代が今や70代。時は過ぎて行く。彼らというか日本に活力を与えたヒーローの一人としてジャイアント馬場の銅像建立は我が願い〓運動始めるか?しかし私も65歳…(笑)。

関連記事

戒行寺

長谷川平蔵の供養碑。墓ではない。平蔵の父親の墓はあった。昨日はウォーキング。本日はストレッチするはず

記事を読む

東陽町まで

そこでサムライテレビで全日本博多大会の解説録画録りを行う。古河駅からだと2度乗り換えで結構遠い。また

記事を読む

アントンヘーシンク続き

若手時代1度だけヘーシンクとスパーリングをやったことがある。鶴田さんが言うように重かったなぁ。金メダ

記事を読む

目の定期検診

散歩の後は眼科にて目の定期検診。今年2月、右目白内障の手術をした。9年前には左目をやはり白内障で手術

記事を読む

我が家そばの桜トンネル街道〓

散歩道。まさに今が満開〓

記事を読む

年の瀬の友

クリスマスも終わってしまい、いよいよ年の瀬。長年の友人中田さんからの贈り物「牛肉煮」。酒の肴、御飯の

記事を読む

ジャイアントシリーズ

本日よりシリーズ開幕。開幕戦は後楽園だが、第2戦からは地方大会。私も参戦する。まずは体調維持。酒を呑

記事を読む

急激な温度変化

秋らしくなったと言えばそうかもしれないが、こちとら体調管理が大変。本当急に涼しくなったもんねぇ。また

記事を読む

春になれば

沖縄大会は盛り上がったようだね。全日本軍団は皆頑張ってる〓さて春になれば、むろんチャンピオンカーニバ

記事を読む

その明るさ〓

来年行われる東京オリンピック、そしてパラリンピック。ハンディを背負いながらもパラリンピックの代表選手

記事を読む

Comment

  1. 敦子のいい人 より:

    銅像の価格を調べてみました。
    実物大の銅像で約800万。
    これも大きさによりますが銘板と台座も含めると約1000万というところでしょうか。
    場所さえ確保できれば寄付で何とかできる額だと思います。

  2. より:

    渕選手へ
    ブログ拝見しました。とてもスケールが大きな願いですね。銅像なら泣かないかも知れませんが…いや多分泣きます。それでも思い出に浸るきっかけが欲しいので、馬場さんのお姿と共に語り継いで頂きたく存じます。いつでも銅像を拝見出来る様に準備しておきます。梅雨の湿度対策が大変です。どうぞお疲れになどなりません様、ご自愛くださいませ。

  3. 黄一点 より:

    銅像、ちゃんと似てるのが良いです。
    ポーズも大事ですね。209㎝を最大限に直立不動の胸を張った凛々しいポーズも良いですが、ファイティングポーズでもカッコイイかと。16文は夜中に酔っぱらいがぶら下がっちゃいそうなので…( ´-ω-)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

体育館が少なくなった

何千人入る会場、体育館が少なくなったと思わない?今はイベントホールって

メンテナンスで暫し休養

昨日の春日部大会、6人タッグで出場。あれをやろう、これは出来るか?なん

飲み会続く

昨夜は長年の友人猪瀬さんとの飲み会。この時期、毎年の恒例の如く我が誕生

66歳なり

本日1月14日は我が誕生日であり、ゾロ目の66歳となった。妹、甥っ子ら

65歳最終日の朝

明日から1年間66歳。65歳は本日まで。当たり前のことだが、我が生涯も

→もっと見る

  • 2020年1月
    « 12月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑