*

ドロップキック

公開日: : ブログ

年齢のことばかり言って申し訳ないが、60代で現役レスラーともなれば、さすがに技の数も少なくなる。グランド技に関してはそれほど減った気はしないんだが、スタンド技はやっぱり少なくなった。腰痛持ちってのも原因かな(笑)。スタミナも落ちてきたし…。ま、いつもやるボディスラム、バックスープレックス、スモールパッケージホールドなどなど…だが。私自身こだわり持って好きな技がある。むろんボディスラムもそうだが、やはりドロップキックだな。簡単そうで難しい技ドロップキック。百キロ近い身体で飛び上がるんだからそれなりのバネが必要。相手を蹴り倒した後の落ち方の受け身も大事。正面跳びの場合は後ろ受け身。私がやる横跳びは身体を返して前受け身となる。正面跳びの名人はルーテーズ。横跳びではパットオコーナー、トニーチャールス、最近だとジョードーリングなんか迫力あるドロップキックを出してるよな。日本人ではジャンボ鶴田さんと三沢光晴、そして諏訪魔あたりかな。ジャイアント馬場さんのドロップキックは32文砲と呼ばれて必殺技だった。
ほとんどのレスラーを32文砲1発でフォールを奪っていたが、ボボブラジル、ゴリラモンスーンなどの超巨漢レスラーに対しては連発してたね。馬場さんのあの身体で連発するんだよ!凄いバネを持ってたんだねぇ。これこそプロレスラーの凄みである。ドロップキックは若手時代から好きな技で受け身の練習と平行してよく練習したもんだ。ドロップキックの名場面となると私自身の思い出だが、やはり昭和43年6月、馬場さんがボボブラジルに3連発してフォールを奪ったシーンと昭和50年12月、馬場さんと鶴田さんの初対決で開始早々鶴田さんが馬場さんの顔面に決めたシーンだな。馬場さんは鶴田さんのこの1発で首筋から左腕にかけて電気が走り痺れたらしい。今見てもヒヤッとする1発だ!今年の我が還暦記念試合で私はかなり無理してドロップキック3連発をやった。デビュー40周年試合でも3発出した。60代なってドロップキックやるプロレスラーってそうそういないだろう。エッヘン〓(笑)今私の密かな夢は61歳でドロップキックをやること〓ってな(笑)。

関連記事

東京1泊

そして、これから上野駅より帰宅する。昨夜は試合後、西村の知り合いの関さんに旨い鮨を大塚で御馳走になっ

記事を読む

彼岸が過ぎて

暑さ寒さも彼岸まで、で9月も終わる。皆さんお墓参りしました?台風がまたまた来るようだし、心配だね。人

記事を読む

今年最終戦終了

昨日の埼玉大会で今年の試合納め。今年もこの年齢で我ながらよくやった〓自画自賛?(笑)誰も言ってくれな

記事を読む

埼玉の自宅にて

久々の試合。やはり身体のあちこちにダメージあり!腰痛が一番だな。どこそこが痛い!なんてプロレスラーた

記事を読む

目の定期検診

散歩の後は眼科にて目の定期検診。今年2月、右目白内障の手術をした。9年前には左目をやはり白内障で手術

記事を読む

泳いでくれ〓(笑)

タノム〓風よ〓

記事を読む

大阪大会

新幹線にて行き帰り。試合は20分の時間切れ引き分け。普段なら何のこたぁないんだが左足の状態があまり良

記事を読む

酒を呑んだ翌日は?

60歳の呑兵衛に休肝日は必要であることがわかる。十分わかっている。わかっているけど…夜になるとアルコ

記事を読む

昭和30年代

私は当時小学生時分。北九州に居た。和室二間のアパート。共同トイレ、共同炊事場、共同洗面所で部屋に水道

記事を読む

鉄人ルーテーズ

連日猛暑日!さすがにへばっている。皆さんは如何お過ごしでしょうか?体調壊しそうだよね。エアコンはつけ

記事を読む

Comment

  1. より:

    渕選手へ
    ドロップキックの件、拝見しました。
    馬場さんの32文ロケット砲は雑誌の写真からも迫力が伝わってきます。間近で見ていた方々がうらやましいです。
    確かに、受け身も大事なのですね。試合観戦の楽しみで写真を撮っていましたが、技が決まった時に集中していました。勉強になります。
    試合観戦の参考にさせて頂きます。どうもありがとうございます。

  2. 宮崎 より:

    淵選手といえば、やはりドロップキックですよね。
    馬場さんは40代くらいからドロップキックをされなくなってしまいましたが、淵選手は生涯ドロップキックを続けていただけたら、嬉しいです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

如月となったが

今年も1ヶ月過ぎたね。と言ってもこの1ヶ月大変であった。1月18日、い

美女

日帰りで東京へ。私としては珍しい。日帰りだからね。実は再び白内障かと。

この世に絶対とは?

かの作家池波正太郎先生が仰ってる通り人はいずれ死を迎えるってこと。それ

2時3分

正確には1954年1月14日の14時3分に私はこの世に生を受けた。生を

最終日

なかなか雨が降らずお湿りのない日々が続いているねぇ。本日1月13日は我

→もっと見る

  • 2023年2月
    « 1月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728  
PAGE TOP ↑