*

アイアンクロー

公開日: : 最終更新日:2024/04/09 ブログ

エリック一家のプロレス映画として全国上映されているようだ。アイアンクロー、鉄の爪フリッツフォンエリックはプロレス少年時代の私にとって鉄人ルーテーズ、魔王ザデストロイヤーと並ぶ外国人レスラーの三大ヒーローであった。そのフリッツフォンエリックと初めてじかに会ったのは昭和50年夏、長野市スポーツスケートセンターの控え室だった。椅子に腰掛け、マスクマンのスピリット(コックス)と談笑していた。2人の貫禄にまだ21歳の若手レスラーだった私は圧倒された。その来日時に、やっとハイスクールボーイになったばかりのケリーを帯同していた。父親として将来のプロレスラーになるため日本遠征を経験させたかったんだろうね。ケリーはたしか15歳。すでにたくましい体格だった。フリッツの名指しでケリーとスパーリングをやらされた。その力強さに驚いた。まだ15歳なのに。それから時が過ぎ、1991年9月、三沢とスリンガーと短期のアメリカマット視察に行った時に馬場さんからの電話でエリックの息子の死を知らされ、ダラスの斎場に御悔やみの花を持って行くように言われた。ちょうどその時に偶然フリッツ夫妻と会って、馬場さんからの御悔やみの伝言を伝えると、なんと自宅迄夫妻に案内された。亡くなったのはケリーの弟マイク。まだ20代の若さでの自死。エリック一家の自宅の庭はなんと東京ドームを超す広さ。自宅にはケリーはいなかったが、映画の主人公のモデルケビンが居て久々の再会を果たした。日本で何度か試合をした。最愛の息子が亡くなったばかりなので夫妻、ケビンとも当然悲痛の面持ち。フリッツは馬場さんの弔意に感謝して以前テキサス州で発売された自分の写真自伝本にメッセージを入れ馬場さんに渡してくれ と私に託した。それから2年後の93年、フリッツフォンエリックは来日して日本武道館のリングに立ち、リング上で馬場さんと旧交を温めた。控え室で会うと私と三沢のことを覚えてくれていて2人して感激した。馬場さんのフリッツ評、「技はそんなにないんだよ。だが、あの蹴り、キックは痛かったなぁ。クローと同じぐらい怖かった(笑)。それだけでトップになり財を成したんだから凄いレスラーだったんだな」。馬場さんの数ある好敵手の中でも5本の指に入る強豪であったと思う。1997年、鉄の爪フリッツフォンエリックは68歳でこの世を去った。映画は観に行きたい❗️

関連記事

7月スタート

今年も後半戦だね。早速我がアナログ携帯に異変が!自分のミスなんだが、受信メールを何をトチ狂ったか全削

記事を読む

読書の秋か…

台風が接近しているようだね。かなり大型のようだ。日本全土に影響なければいいが。腰痛なのであまり動けず

記事を読む

ジーパン

冠婚葬祭以外はほとんどがジーパン穿いてるな。60代なってもね。これから東京に向かうんだが、やっぱりジ

記事を読む

メンテナンスで暫し休養

昨日の春日部大会、6人タッグで出場。あれをやろう、これは出来るか?なんて試合前に考えていたんだが、結

記事を読む

夏近し

五月晴れとは言え今日はまた暑くなりそうだ。まさに夏近し!というかもう夏?てな感じ。我が家のエアコン、

記事を読む

馬場さんの話

前回のブログの続きだが、力道山の死後、馬場さんが日本プロレス界にいなかったら本当日本のプロレスはどう

記事を読む

洋画ベストテン2

前回入り切れなかった我が洋画ベストテンをまた。暇潰しに見てください(笑)。「最高の人生の見つけかた」

記事を読む

これから帰郷

やはり昼間の試合はキツかったか?(笑)不整脈より腰痛がひどく結局は昨日古河に戻る予定が1日延ばしとな

記事を読む

足を踏まれた

本屋でね。お客さんの相手をしていたちょっと太めの女子店員に。むろん悪気で私の足を踏んだわけじゃないん

記事を読む

散歩道での発見

新宿区内藤町大京町の道路沿いにあった沖田総司終焉の地の案内板。若くして世を去ったんだね。

記事を読む

Comment

  1. より:

    渕選手へ
    「アイアンクロー」拝見しました。思い出話を綴って頂き、更に映画の情報を教えて頂きまして、誠にありがとうございます。差し支えない範囲でご感想を頂けるとうれしいです。桜も満開で良い季節を迎えました。どうぞお疲れになどなりません様、ご自愛くださいませ。

  2. 伊藤正隆 より:

    いつも楽しいブログありがとうございます。アイアンクロー、確かに恐ろしい技ですね。しかしいくらエリックの握力が強いとはいえ、こめかみに力を加えただけであんなに流血するものでしょうか?もしかしてエリックの指にカミソリでもひっついていたのでしょうか?(笑)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

オジン会

おじさんが3人4人と揃うことで我々オジン会が始まる(笑)。勝手に名付け

馬場さんのインター王者時代

日本プロレス時代だが、挑戦者達が凄い❗️今

幸せを感じること

なんと言っても健康こそが一番❗️美味しいも

悠々自適?

別にまだ引退した訳ではないんだけど、ほとんど試合というか仕事をしていな

やっと五月晴れ

前夜深夜に寝てもどうにも早起き。別に仕事しているわけでもないのだが、午

→もっと見る

  • 2024年5月
    « 4月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑