*

アイアンクロー

公開日: : 最終更新日:2024/04/09 ブログ

エリック一家のプロレス映画として全国上映されているようだ。アイアンクロー、鉄の爪フリッツフォンエリックはプロレス少年時代の私にとって鉄人ルーテーズ、魔王ザデストロイヤーと並ぶ外国人レスラーの三大ヒーローであった。そのフリッツフォンエリックと初めてじかに会ったのは昭和50年夏、長野市スポーツスケートセンターの控え室だった。椅子に腰掛け、マスクマンのスピリット(コックス)と談笑していた。2人の貫禄にまだ21歳の若手レスラーだった私は圧倒された。その来日時に、やっとハイスクールボーイになったばかりのケリーを帯同していた。父親として将来のプロレスラーになるため日本遠征を経験させたかったんだろうね。ケリーはたしか15歳。すでにたくましい体格だった。フリッツの名指しでケリーとスパーリングをやらされた。その力強さに驚いた。まだ15歳なのに。それから時が過ぎ、1991年9月、三沢とスリンガーと短期のアメリカマット視察に行った時に馬場さんからの電話でエリックの息子の死を知らされ、ダラスの斎場に御悔やみの花を持って行くように言われた。ちょうどその時に偶然フリッツ夫妻と会って、馬場さんからの御悔やみの伝言を伝えると、なんと自宅迄夫妻に案内された。亡くなったのはケリーの弟マイク。まだ20代の若さでの自死。エリック一家の自宅の庭はなんと東京ドームを超す広さ。自宅にはケリーはいなかったが、映画の主人公のモデルケビンが居て久々の再会を果たした。日本で何度か試合をした。最愛の息子が亡くなったばかりなので夫妻、ケビンとも当然悲痛の面持ち。フリッツは馬場さんの弔意に感謝して以前テキサス州で発売された自分の写真自伝本にメッセージを入れ馬場さんに渡してくれ と私に託した。それから2年後の93年、フリッツフォンエリックは来日して日本武道館のリングに立ち、リング上で馬場さんと旧交を温めた。控え室で会うと私と三沢のことを覚えてくれていて2人して感激した。馬場さんのフリッツ評、「技はそんなにないんだよ。だが、あの蹴り、キックは痛かったなぁ。クローと同じぐらい怖かった(笑)。それだけでトップになり財を成したんだから凄いレスラーだったんだな」。馬場さんの数ある好敵手の中でも5本の指に入る強豪であったと思う。1997年、鉄の爪フリッツフォンエリックは68歳でこの世を去った。映画は観に行きたい❗️

関連記事

8月

8月となったが蒸し暑い日が続いている。昨日はここ埼玉でも少し晴れ間が見えたけど、なかなかスッキリした

記事を読む

2月

今年も2月か…、春遠からじなんて、まだまだ寒い。インフルエンザもこれからが本番だって言うんだから、怖

記事を読む

夏休み後…

8月が終われば夏休み終了。皆さん体調は如何ですか?夏の疲れは後から来るんだよね。その疲れは胃腸肝臓の

記事を読む

夏日再び

やっぱりまだまだ秋は遠い。猛暑がぶり返して来た。暑い暑い!インドネシアでのアジア大会。日本人選手頑張

記事を読む

高度成長期のシンボル

力道山が戦後復興のシンボルならばジャイアント馬場は高度成長期のシンボルの一人であったことに間違いはな

記事を読む

まだまだ続く!

コロナ禍はどうやら1、2年では収まりそうにない。変異ウイルス拡大の様相であり、このまま感染者数が減っ

記事を読む

狂乱の20年代

100年前の1920年代、ローリングトゥエンティとアメリカでは呼ばれていた。狂乱の時代、別名ジャズエ

記事を読む

秋の長雨

気温的には晩秋だね。10月神無月も半ば。長雨の影響か、急に気温が下がった!これから東陽町にてサムライ

記事を読む

我が誕生会

恒例となっており、今年も代々木でやって貰えるんだが、なんと今年で17回目。ありがたいもんだね。こんな

記事を読む

秋晴れ

久々の上天気だねぇ。まさに過ごしやすい1日となりそうだ。だが、どうやらこの上天気、そう長くは続かない

記事を読む

Comment

  1. より:

    渕選手へ
    「アイアンクロー」拝見しました。思い出話を綴って頂き、更に映画の情報を教えて頂きまして、誠にありがとうございます。差し支えない範囲でご感想を頂けるとうれしいです。桜も満開で良い季節を迎えました。どうぞお疲れになどなりません様、ご自愛くださいませ。

  2. 伊藤正隆 より:

    いつも楽しいブログありがとうございます。アイアンクロー、確かに恐ろしい技ですね。しかしいくらエリックの握力が強いとはいえ、こめかみに力を加えただけであんなに流血するものでしょうか?もしかしてエリックの指にカミソリでもひっついていたのでしょうか?(笑)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

連日猛暑日

まだ梅雨明け宣言する前にこの連日の暑さ!腰痛だからではあるが外出を控え

文月

今年も半年が過ぎた。能登半島地震からも半年なんだね。元日の突然の大地震

来週も上京予定

昨日は番組収録あり。都内の我が青春の想い出巡り。それ相応の懐かしさを感

番組収録

BS番組の収録のため都内に向かっている。渋谷、目白、砧、横浜道場と巡る

さて6月

梅雨の6月なのに別名水無月。水のない月。さてどうしてか?まぁ別にいいか

→もっと見る

  • 2024年7月
    « 6月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑