*

合宿所生活

公開日: : ブログ

1974年、私が入門当初の全日本プロレス合宿所は目白にあった。目白通り沿いに建つマンションの10階の3DKの部屋だった。部屋はすべて和室。6畳間が3部屋。ジャンボ鶴田さんがひとり部屋、我々若手3人でひと部屋。もうひと部屋はゲストルームプラス物置。ダイニングキッチンもだいたい6畳間の板張り。そこでよく4人で鉄板焼をしたもんである。目白駅まで歩いて約10分。マンションの1階はスーパーマーケットで買い出しには便利だったな。外食するのに様々な店が目白通りには軒並み揃っていたからよく出掛けた。そこには2年半暮らした。1976年夏、目白から世田谷の砧に合宿所は移った。道場も恵比寿からその合宿所の庭に。2階建ての一軒家。部屋もそれぞれ個室となり互いのプライベートが守られるようになった(笑)。そこにはアメリカ遠征するまで居たので約4年。合宿所生活は20歳から26歳までのまさに我が青春時代。若気の至りもあり、恥ずかしきことも多かったが(笑)、まあ愉しき青春時代だった。若くて元気だった。毎日厳しい練習の中、飲みに
出掛けたり、当時のディスコにも行って踊ったりしたもんである。そして翌日また練習でしぼられる(笑)。車の免許を取り入ったのもこの頃。懐かしきかな、我が合宿所生活(笑)。現在の横浜の道場兼合宿所が出来てたしかもう25年になるかなぁ…。

関連記事

途中挫折

寒い中でも久々にウォーキングをやろうと思い立ち外に出た。いい天気だしね。あちこちに雪が残っている。少

記事を読む

1日店長

昨夜後楽園大会、ファンの皆さんのおかげで大いに盛り上がった〓ありがとうございます。私にとって今年最後

記事を読む

準備万端

これを座右の銘にしようかな(笑)。以前我が座右の銘は「立って半畳寝て一畳」って言ったけど、これに変え

記事を読む

プロレスに感謝〓

少年時代より憧れてあったプロレスラーになれたことの幸運。これは何にも増して得難い我が出来事だ。出来事

記事を読む

何かと気忙しい1日

昨日のこと。まず電車にて東京に向かった。そして眼科検診。それが済むと代々木駅近辺で歯科医。久々なので

記事を読む

雨降りの中

東京に向かっている。まだまだ肌寒い!試合は10日の春日部と19日の後楽園のみ。年々試合数は減っていく

記事を読む

大晦日

皆さん大掃除はしましたか?我が家は少しだけ(笑)。結構大変だよね。ごみ袋も溜まるしねぇ。それにしても

記事を読む

朝刊

毎朝、新聞に目を通す。代々木在中時になかったことだ。現在、夕刊は取ってなく朝刊のみだが、結構目を通す

記事を読む

うれしい再会?

ホテルチェックアウトして上野駅まで電車乗り継ぐ。それにしても、歩きスマホの多いこと!階段上がる時もプ

記事を読む

在宅なり

本日より全日本の皆は沖縄である。朝早くから羽田空港より沖縄に向かったようだ。沖縄にもしばらく行ってな

記事を読む

Comment

  1. より:

    渕選手へ
    「合宿所生活」拝見しました。さぞかし思い出深い合宿所生活だったのですね。今は会社の寮でも個室ですから相部屋生活は貴重な経験かと存じます。
    思い出話を伺う事が出来て嬉しいです。どうもありがとうございます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

本日もまた東京へ

2泊する。今夜は湯川さんと食事会。明日は夕方から猪瀬さんの奥さんのお墓

ライバル

あいつには負けたくない!自他共に認めるライバルがいることは幸せなことだ

DVD映画三昧

昨日は終戦記念日。それで部屋飲みしながらDVD映画を観る。クリントイー

更に徒然なるままに

御盆帰郷或いは旅行。だが台風接近。空港、駅などの混雑ぶりを見るに自宅で

徒然なるままに

御盆の時期。大型台風が来ている。我が妹、甥っ子らは義父の新盆のため新潟

→もっと見る

PAGE TOP ↑